無料ブログはココログ

手書き

Web拍手

はちゅねブログパーツ

2018年9月22日 (土)

睡魔と本と

睡魔の撃退法はないんだろうか。
とにかく眠くて一日の半分以上は寝てたなあ…。
そのなかで読んだ本が二冊。Kindleで購入したから「電子書籍」か。

松原タニシさんの『事故物件怪談 恐い間取り』と山口敏太郎氏監修の『怪談グランプリ2018 地獄変』。

どちらも恐くて読みごたえあったけれど、『恐い間取り』のほうは孤独死が他人事ではない分考えさせられました。

2018年9月21日 (金)

わかってはいたけれど。

前より足がふっとくなったなあと思ってたし。

むくんでるなと感じていたし。

だからだよね!!今日の検査での数値悪かったわ!

太ったからだよ!主な原因は!

コンビニでの買い食いと呑む量、回数減らしてダイエットするしかない…。

自分の招いたこととはいえ、溜息が。

でも頑張るしかないなー。

2018年9月19日 (水)

お供に、といいつつ。

作業のお供に、と言いながらついついそっちのけで見いってしまう番組のひとつがアンパンマン。

録画したものを少しずつ見ています。

ドキンちゃんもだけれど、オクラちゃんとのかけあいを見ていると、ばいきんまんは女性の尻にしかれやすいタイプなんだろうか…と思う…。

そしておなかがすいてくるんだよなあ。

「あたしおなかペコペコ!」というドキンちゃんの台詞に頷いてしまいます。
今はオムライスくんとケチャップリンが映っている。

おなかすいた…。

2018年9月18日 (火)

予定変更

今日から祖父母の家に間借りさせてもらう予定だったのですが。水道が壊れるアクシデントがあり延期に。残念。

祖父母には大変御世話になったし、大変ご迷惑かけたのでお手伝いに…といいつつ、自分が祖父母の家が居心地がいいから無理いって置いてもらうのですがsweat01

また次の機会を待とう。

2018年9月16日 (日)

いくらなんでも

今日は蒸し暑かった。

でも。


いくらなんでも、汗をだらだらかくほどではないよな!!


一人だけ、なんかどこかおかしいんじゃないかと思いました…。

暑がりっていっても限度あるだろう…。

2018年9月13日 (木)

びっくりした

夕方ごろ、急に耳鳴りがして、音がこもって聴こえだし、目の前がぐるんぐるんして手が震えるということがありました。

幸いすぐに治ったものの、いったいあれはなんだったんだ…。

考えられるのは、低血糖か貧血。

でも現在は血糖値高い状態だしな〜。

また同じようなことなければいいのですが、なければないで気になる。

2018年9月12日 (水)

冷えてきました。

朝夜は自室にいても「冷えるな」と感じるようになってきました。

もともと暑がり、汗かきなうえ自室は空気が籠りやすいのですがその部屋の中にいても冷えて感じるのだから、気温はかなり下がっているのだなあと。

上に羽織るものを用意しておこう。

2018年9月11日 (火)

何も変わっちゃいない部屋で本の感想など。

ふと思い立って、昨日の夜中から部屋の掃除をはじめまして、要らないものなどを処分していました。

といっても、後から見てみると、大して変わってはいないのですが…。

掃除中に見つけたのが

『読書記録ノート』。

2冊ありました。(☝のノート)

平成26年から始まっているから、えーと、4年前?

改めて見ると、やっぱりホラー本、実話怪談本をずーっと追いかけてるなーcoldsweats01

中には、「あれ、こんな本読んでいたっけ?」と思うものもあり。

『弾正星』はこのころに単行本を即買いして読んだんだっけ…。で、弾正さんに見事に惚れたんだっけ。

この頃も怪談本を読んでいたように、今月も読みました。

『呪祭』(加藤一 編著)、

『現代怪談 地獄めぐり』(松原タニシ 川奈まり子 牛抱せん夏 内藤駆 西浦和也著)、

『怪談師怖ろし話 骨々』(城谷歩著) 

毎月のお楽しみ、竹書房ホラー文庫8月の新刊3冊💛

『呪祭』は橘百花先生の一連の話がとても面白い。深澤夜先生の「緑のおばさん」は意味の解らない怖さがある。渡部正和先生の「タブー」、つくね乱蔵先生の「寝菩薩」は掟破り、禁忌の怖さ。(「寝菩薩」は禁忌というより、お寺の敷地にまつわる因縁話だけれど、村人が昔の事件を隠そうとしたということを考えると、禁忌に触れる話にも分類されるのかなあ)

神沼三平太先生の「鉄拳制裁」も掟破りの話だけれど、なんだかすかっとする。神様はやっぱりすごいんだなあと。

『地獄めぐり』川奈まり子先生と牛抱せん夏先生の話はやはり怖い。そして西浦和也先生の「オシラ様」は…だいすき、だけれど怖い。内藤駆先生の「黒子」は恐ろしいが、少し切ない気持ちにもなる。

『骨々』は城谷歩先生の語り口調、というか文のリズムがすごいなあ。好きです。ぞっとする話ばかりだけれど、「茜色」「時間よ止まれ」は不思議な話で、こういうのも好きだなあ。

『えじきしょんを呼んではいけない』(最東対地 著)は角川ホラー文庫。

この方の『夜葬』『#拡散忌望』も読んだのですが、グロ怖い、というかなんというか…しかし続きが気になって一気に読んでしまう。

ラストはなんだか「人間って…」と考えさせられてしまいました。

流水りんこ先生の『流水さんの百物語』『流水りんこのインド占星術は深いぞ~!」。どちらも読みごたえがばっちりで、繰り返し読んでいます。

繰り返し読んでいるのは、

新久千映先生の『ワカコ酒⑪』、鳥山明先生原作・とよたろう先生漫画『ドラゴンボール超⑦』も!

ワカコちゃんがお酒を呑んでいるのを見るだけで癒される…。

ドラゴンボール超は…もうフリーザ様とフロストくんが好きすぎて…それにクリリンさんと18号さん夫婦の会話も身もだえするほど可愛くてですね・・・!!!

はー。いやいや、本の魔力すごい、です。

 

2018年9月 9日 (日)

ユメノナカ

寝落ちしたときは、どうにも変な夢をみる。

うまく説明出来ないけれど不快な夢。

楽しい夢見せてくれればいいのに。

2018年9月 7日 (金)

一週間

9月に入ってもう1週間ですが、相変わらず無為の日々を過ごしている…。

今は積み本の消化、といきたいところですが、前に読んだ本をどうしても読み返しちゃうんだよなあ。

«体調管理失敗中。

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック