無料ブログはココログ

手書き

Web拍手

ツイッター

pixiv

初音ミク名曲

はちゅねブログパーツ

2017年9月21日 (木)

のんびり、だらだら。

明日年休をいただいたので、今日は少し?多めにお酒を呑んで、まったり。

ぼーっとしながら、手酌で呑むのがとても気持ちがいい。

まれに資料をメモした場所やらアイデアを思いつきます。

本当にまれですが…大体は鼻歌歌っているか、録画した番組見て泣いているか。

今日は前者。

へらへらしながら歌うたってます。

2017年9月16日 (土)

酔うときは綺麗に。

今日の晩酌は会津ほまれ純米吟醸ひやおろしだったのですが…綺麗な(常識的な?)酔い方は難しい。
気づいたら母親の怒りと軽蔑に満ちた目が見つめていました…。

お酒は好き。

だから綺麗な酔い方をしたいです。

2017年6月20日 (火)

寄り道はいつも同じ、でも違うところ。

 用事が終わって帰宅するまでおの寄り道。

 行くのは本屋さんか酒屋さんかコンビニの三択です。

 ほとんどそこしか行かない。

 たまに違ったところに惹かれるものの、場所も同じところです。

が、いくらなんでもいつも同じところでは、と思い、気になっていた酒屋さんへ。

店外にはレモンやライムはじめ果物、野菜がおいてあり、レモン美味しそうでした。

店内は焼酎、ウィスキーの品ぞろえが良い。見たことないものあったりした。

日本酒・リキュール類もありましたが、一升瓶は買うのにちとためらう…。

あっ!おつまみ類も充実してましたーup

焼き鳥買ってきて食べたけど、美味しかった!

全体的に、容量が多いお酒が多い気がするのは、業者の人も利用するからかなあ。

いつもの寄り道もいいけど、たまに別のところに寄るのも、楽しい。

2017年4月10日 (月)

宣告されました。

本日も通院。

色々とお話したきたのですが、そこでいわれたのが、
「閑井さん、禁酒…ううん、断酒しようか」
おおう…い、いや確かにそうなんですが、閑井さんお酒のストックがたんまりありまして…。
まあ、たしかに糖尿病もある事ですし、その方がいいんだなあと思います。
思いますが…お酒美味しいんだもん、好きなんだもん…。
お酒呑んで、変な事やってしまったから、それも加味して先生はそうアドバイスしてくださっ
たのですよね。
そこと、糖尿病との兼ね合いをつければいいのだよね。   
って、自分に有利な事ばかり言ってるな。
 
それにしても、最近の記事、病状についてばっかですね。
自分で書いてて、「?」ですよ。

2016年4月18日 (月)

野放しにしてはいけない。

私を野放しにしてはいけないところ。

本屋さん。アニメイト。文具屋さん。コンビニ。

かならず予算オーバーの余計なものを買うからです(さすがに高価すぎるものは自粛しますが)

さらにもうひとつ、あらたに加わりました。

酒屋さん。

いろんなお酒beerに目移りしちゃって、あれもこれもと買ってしまう。

そんでもって冷蔵庫を溢れさせるという(しかも人様のうちの)

もう、ね、母親もつめたーい目で愛想尽かしてます(当たり前だ)

こっからは自分の意思が大事!!呑み過ぎない!よし!がんばる!

2016年2月23日 (火)

酔いしれ道中

母との温泉旅行、本日の夕食はバイキング&飲み放題をオプションでつけてもらいました。調子に乗って呑みすぎた…でもまた母と旅行行って騒ぎたいです。

2016年1月16日 (土)

増えました。

いぜんより、明らかに酒量が増えました。

それは以前呑めなかったワインやビール、ウィスキーがちょっとずつ呑めるようになってきたから。・・・だと思う。

うう・・・しかしこんなんじゃいけない!糖質制減ダイエットはどうした!!(実は今取組中です・・・)

でもね・・・呑みたい日だってあるんですよ。それがちょーっとおおいかなってぐらいで(←黙れ)

いずれにせよ、アルコールの多量摂取は良くないので、やめないと。ほんっといいかげんやめないと・・・。

明日も仕事だったわ・・・。

2015年11月21日 (土)

呑むのに変わりはないけれど。

本日は、次の日仕事があるのですがお酒呑み。

角ハイボール濃いめとトリスハイボールの500ml缶。おつまみはミックスナッツとスライスチーズとその他もろもろ。

しかし、お酒を呑むにしても、楽しい気分で呑むのと、落ち込んで呑むのとでは違います。

当たり前といえば当たり前ですが。

今日は後者でした。

落ち込むというより、ショックで。

自分の感情についていけなくて。

でも呑んでるうちに、うん、でもその時そう感じたんだから、良いんだよな、多分。と感じられたので、いいのかな。

最近酒量増えてきたので気をつけなければいけないのですが、いろいろ考えながら呑むというのも、なんだか必要なのかなと思います。

あくまでも、私にとっては、ですが。

拍手ありがとうございます!

2015年6月15日 (月)

なんにもなくってもさ。

今日はとっても暑い日でした。

会社にいても、くらくらするぐらい。

で、唐突に思い立ち、夕飯をパスし、今日はお酒の日にするよー、と母に言ったところ、

なんかあったんじゃないかと疑われました・・・。

おまけに妹にまでなんで酒呑むんだと・・・。

まあ、そりゃあ今まで、厭なことがあった日に呑んだりですとか、連休があれば呑んだりとかしてきましたよ。

でも、とくに理由がなくても、呑むときがあったっていいじゃない・・・。

現に冷蔵庫で冷えている日本酒とワインがあるんですよ・・・?

しかし、まあ、ほどほどに、ですね。

2015年5月11日 (月)

あの名言を。

明日は休みだし、仕事でちょっと厭なことあったし・・・と言い訳しつつ、今日も一人呑み。

「もうお酒呑まない」と言っていたのは誰だったのか。

ここで思い出すのが、杉浦日向子先生の『百日紅(下)』(ちくま文庫)の「其の十八 酔(すい)」で歌川国直が歌川豊国との禁酒の約束は?と聞かれ、

「芳さん 大丈夫だ キン酒は 近い酒と書く奴サ」

と答える場面があり、それがとても名言であり、かっこいいなあと思うのです。

が、こういうことを言っていいのは「上手な(綺麗な)酒の呑み方」をする人だよなと思います。

無茶な呑み方ではなく、味わって。

(国直は酒がすごく強い遊女と対決していましたが楽しそうに呑んでた。それもまた大事)

酒をもう絶対呑まない!それができないなら、上手な酒の呑み方と量を覚えないとな、と酒瓶を前にぼけっと考えてました。

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック